賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 貴方が今現在住んでいる賃貸物件で満足されていますか?中には仕方なく選んでしまった人もいるかと思います。
賃貸選びで最も大切なこととなるのが、途中で妥協をしないで理想を追い続けることなのです。





ジェシースティール
URL:https://www.suplinx.com/shop/r/r295
ジェシースティールならこちら


賃貸の契約は二年毎に更新ブログ:2018-06-19

減量で成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

俺も、辛い食事制限で減量したのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せた体質をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい体質を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛えるトレーニングが、無酸素トレーニングなのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベルトレーニングなどもそうです。

毎日少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単なトレーニングを続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素トレーニングなので、おすすめではありません。

おすすめのトレーニングは、女性でも手軽にできるような静的トレーニングです。
静的トレーニングとは、走ったり歩いたりして、
体質を激しく動かすものではなく、
体質を固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
一日数回1セットを毎日続けるといいでしょう。

太りにくい体質を作るためには、
ダンベルやダンベルなどで
腹や腕、足の
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素トレーニングと合わせて、
無酸素トレーニングで筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!