貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう


貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
貴方が求めている賃貸物件の条件を正確に担当者へ伝えることによって、希望に近い物件を次々と書類を使って紹介してくれることでしょう。
恥ずかしがって条件を広めてしまうと的確な物件探しをしてもらうことが出来ないのです。

「よし、私の物件条件をとりあえず不動産屋に伝えよう」と簡単に考えてはいないでしょうか?
しかし条件の伝え方によってその後の物件選びに大きく影響が出てくることを覚えておいてください。
不動産屋へ足を運ぶと、まず最初に空いている席に案内されることとなり、営業担当者から物件の条件を聞かれます。
この時に条件を伝えることになりますが、この最初に話す条件の伝え方が最も重要なことになるのでご注意ください。 貴方は今現在賃貸を利用していますか?また住んでいる賃貸物件に満足をしているでしょうか?
せっかく分譲ではなく賃貸を利用するなら、妥協しないで自分の理想とする賃貸物件を選ぶようにしましょう。



貴方の条件はしっかりと担当者に伝えようブログ:2018-04-12

みなさま、ぐっどいぶにんぐー

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
減量するようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
減量している人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
減量を行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しいからだですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムなからだのモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、からだの脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まったからだは美しいですが、
筋肉がなくて細いからだは病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

減量とは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せたからだを手に入れたくて
減量を行っているのですから、
健康的で美しいからだにする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

――――――以上で今日の報告を終わります。

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう

★メニュー

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
敷金について理解しておこう
来客数が少ないから地域密着型が狙い目
日当たりなどの方角は自分自身で確認
一般的な礼金に必要な金額
賃貸の契約は二年毎に更新
物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
家賃設定を超える物件は見ない
携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)近頃の便利で快適な賃貸物件