家賃設定を超える物件は見ない

家賃設定を超える物件は見ない


家賃設定を超える物件は見ない
時代が代わる毎に物価が上がり賃料も上がってしまうケースがありますが、それとは逆に下がるようなケースはほとんどありえないと思っていいでしょう。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。

物件を探しているときに、「あまり良い物件が無いから賃料設定を上げてみよう」と考えるのは最終手段としましょう。
どんなに営業マンにすすめられたとしましても、断固として高い家賃の物件は見ないようにしてください。
貴方もそうかもしれませんが、物件選びで希望する家賃以上の物件には興味が無いでしょう。
払える金額以上のところを見てしまうことにより、よほど自分の基準を強くもっていない限り、目移りしてしまうのでご注意ください。 ただ単に賃貸と言いましてもワンルームからファミリータイプもあり、様々な人のニーズに応えてくれることでしょう。
中にはちょっと変わったロフト付きの部屋などもありますので、多くの不動産屋を探してみてください。





メール便へ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便は


家賃設定を超える物件は見ないブログ:2018-07-06

大人になるとほとんどの人が、
1日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな子どもがいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
わたくし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな子どもに対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという嫁に…
いつもいつも自分を誘ってくれる仲間に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと嫁や子どもと過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
わたくしのこころ片隅には、
「わたくしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

わたくしはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

とっぴんぱらりのぷう
家賃設定を超える物件は見ない

家賃設定を超える物件は見ない

★メニュー

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
敷金について理解しておこう
来客数が少ないから地域密着型が狙い目
日当たりなどの方角は自分自身で確認
一般的な礼金に必要な金額
賃貸の契約は二年毎に更新
物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
家賃設定を超える物件は見ない
携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)近頃の便利で快適な賃貸物件