敷金は民法で決められているものであり、家賃滞納やその他修復費として使用されることがあります。
賃貸契約終了時に借り手が債務不履行が無ければ返金されるものであり、債務不履行があればその金額を頂戴することと決められています。

 

賃貸物件の契約をする時には、不動産屋に敷金を支払いますが、これは不動産屋が最終的に受け取っているわけではありません。
敷金は契約時に不動産屋からしっかりと、大家さんに渡されているのです。
敷金と呼ばれているのは、物件の大家さんなどの管理者に支払う一時的なお金です。
これは家賃の未払いや退去時の修繕や清掃費が発生した時に、その額を差し引かれて残りは契約満了時に返金されます。 これからの時代は分譲で物件を購入するよりも、断然賃貸に引っ越しを考えている人の方が多くなっています。
中には賃貸を一生利用される人も多く、現状の分譲も賃貸として変化をしているのです。





インプラントナビ
URL:http://implantguide-k.com/
インプラントおすすめ


敷金について理解しておこうブログ:2018-06-18

息子が幼稚園に入園したら、
母が弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
母の手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

母の手作り弁当であればこそ、
息子は母の母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
母に対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かに母たちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
母は息子に対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしも息子の心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

母が息子のために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
嫁が夫のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

夫は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

嫁としては夫のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも嫁が自宅で弁当を作れば、
夫は13時食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

嫁が夫のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。